フォードがテスラの挑発に乗り1400馬力のEVマスタングMach-Eを発表

download - フォードがテスラの挑発に乗り1400馬力のEVマスタングMach-Eを発表 最新ニュース
スピードは売りものになる。 テスラが新しい車両を発売したり、既存の車両をアップデートしたりする際には、しばしば0-60mph(停止状態から時速約96.6キロへ)の加速時間が引き合いに出される。こうした数値は、電気モーターが動力を発揮する方法の違いで、ガソリン車の数値を上回ることがしばしばだ。日常の運転にこうした 0-60mph 加速はほとんど無関係ではあるが、それでもテスラは、他の多くのメーカー同様に、これを重要な市場性のある数値とみなしている。
米国時間7月21日フォードは、近日発売予定の4ドアEVマスタングの、特別仕様車を発表した。上で述べたように、スピードが売り物になるため、これは速いマシンだ。7つのモーターが合計1400馬力を生み出す。要するにバカみたいにパワフルだということだ。
フォードはこの特別仕様車を売るつもりはない。フォードはこの車をEV技術の限界を探るために開発したのだという ―― そして、もちろんそれを世間に見せつけるためだ。
フォードマスタングMach-E(マッハ-E)は、パワー調整を行って、市場にはGTという名前で登場することになる。そして、それは7つではなく2つのモーターしか搭載しないものの、それでも決して軟弱なマシンにはならないだろう。2つのモーターは459馬力を生み出すが、これはスリル満点の十分なパワーだ。
今回のものはフォードの2番目の特別版マスタングMach-Eだ。今年初めに発表されたマスタングCobra Jet(コブラジェット)も1400馬力を誇っていたが、主に直線を高速に走る構成でデザインされていた。
これらのコンセプト版マスタングは、テスラの「Insane mode」(非常識モード)や「Ludicrous mode」(不条理モード)がその車に興奮をもたらしたように、コアなユーザー層に興奮を巻き起こすだろう。フォードのマスタングMach

リンク元

Comments

Copied title and URL