アマゾンが米国でのプライムデーの遅れを認める、インドでは8月に開催すると発表

download - アマゾンが米国でのプライムデーの遅れを認める、インドでは8月に開催すると発表 最新ニュース
Amazon(アマゾン)の年に一度の大型セールイベント、プライムデーはこれまで世界中で開催されてきた。規模が大きく、アマゾンの販売サイトが落ちることもしばしばだった。しかし今年は新型コロナウイルス感染拡大によって、アマゾンの計画は混乱している。米国時間7月20日、アマゾンは米国でのプライムデーの開催が2020年内のいずれかの時点まで遅れるという報道を正式に認めた。また、インドでは8月6日〜7日にプライムデーを開催する。
プライムデーの対象となっているすべての市場で同一日程の開催にならないのは、今年が初めてだ。アマゾンはプライムデーの対象を米国以外にも年々広げてきた。
プライムデーは米国、英国、スペイン、シンガポール、オランダ、メキシコ、ルクセンブルク、日本、イタリア、インド、ドイツ、フランス、中国、カナダ、ベルギー、オーストリア、オーストラリアで開催され、2019年には新たにアラブ首長国連邦が加わった。
プライムデーの開催が遅れていることはすでに明らかだ。2019年のイベントは7月15日〜17日で、それ以前も同じ時期に開催されていた。
新型コロナウイルス感染拡大によってアマゾンの関心がシフトしたのは、驚くようなことではない。売り上げが低迷する夏にスペシャルイベントを開催してテコ入れする必要はなくなった。米国政府がロックダウンを実施したことでオンラインの注文が殺到し、当初は家庭用品や医療用品など注文の多い商品の需要に応えるために一部の商品の発送を制限せざるを得なかった(未訳記事)。またアマゾンは4月30日に、需要の増加に対応するためにフルフィルメントと配送ネットワークの業務にあたる従業員を新たに17万5000人以上雇用した(Amazonブログ)と発表していた。
パンデミックの影響でeコマース市場全体が急成長している。eMarketerによると、eコマースの売上は2020年は1

リンク元

Comments

Copied title and URL