スライド式キーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」は実用性より心地よさに価値がある

download - スライド式キーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」は実用性より心地よさに価値がある 最新ニュース
F(x)tec Pro1は、英国のFX Technologyが開発したAndroid 9.0搭載スマートフォン。最大の特徴はご覧のとおり、スライド式キーボードを搭載していること。物理QWERTYキーボードを引き出せば、自動的に画面が横向きに切り替わり、ソフトウェアキーボードのない広々とした画面で文字入力可能だ。
F(x)tec Pro1の価格は8万9900円(日本正規代理店であるリンクスインターナショナルの推奨価格)
搭載プロセッサーは3世代前のスナドラ835
F(x)tec Pro1に搭載されているプロセッサー(SoC)は「Snapdragon 835」。3世代前のプロセッサーなので、現代の基準からするとパフォーマンスは高くない。ただし、メモリは6GB、ストレージは128GBを搭載している。また2枚目のnanoSIMカードとの排他利用だが、最大2TBのmicroSDメモリーカードでストレージを増量可能だ。3Dゲームを高画質設定でプレイしないかぎりは、パフォーマンス不足を感じることはない。
「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは265393、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは1729、「3DMark Sling Shot Extreme – OpenGL ES 3.1」のスコアは3624。「Snapdragon 865」搭載端末のなかにはAnTuTu Benchmarkの総合スコアが6万を超えるモデルもある。F(x)tec Pro1はその半分以下のスコアということになる
しかし、プロセッサー以外のスペックは充実している。ディスプレイは5.99インチの有機EL(2160×1080ドット、Corning Gorilla Glass 3)。背面カメラは1200万画素(f/1.8、Sony IMX363)+500万画素(f/2.0

リンク元

Comments

Copied title and URL