Messengerで「App Lock」が可能に〜Face IDで本人以外の閲覧を制限

NRP Messenger Introduces App Lock Privacy Settings banner FINAL - Messengerで「App Lock」が可能に〜Face IDで本人以外の閲覧を制限 apple製品情報

 
Facebookが提供するメッセージアプリ「Messenger」で、Touch IDやFace IDなどの生体認証を使用し、本人以外のメッセージ閲覧を防止する「App Lock」が利用できるようになりました。
自分のデバイスを他人に貸すときに便利かも
Messengerで「App Lock」を有効にするには、新たに設けられた「プライバシー設定」にアクセスします。
 
iPhoneやiPadでTouch IDかFace IDを使って、本人以外によるメッセージの閲覧を制限することが可能となります。自分のデバイスを他人に使用させるとき、プライベートな内容のメッセージが読まれるのを防ぐことができます。
 
Facebookはニュースルームで、App Lock非有効時と有効時の違いを示す画像を掲載しています。画面左側はApp Lockが非有効となっており、メッセージの閲覧が可能ですが、右側ではロックがかかっており、本人認証が求められています。
 
 
App Lock機能は、MessengerのiOS、iPadOSアプリで先行的に導入されていますが、Androidアプリでも数カ月以内に利用可能になるとのことです。
メッセージ送信相手の制限機能も導入か
Facebookは、Messengerで直接メッセージを送ったり、電話をかけることができるユーザーを制限する新たなセキュリティ機能を導入することも同時に明かしています。
 
また、知らない人から送られてきたメッセージの新たな処理方法も模索しているとのことで、将来的にInstagramやWhatsAppのようにメッセージ内容が即座に表示されない、ぼかし機能が追加される可能性があるようです。
 
 
Source:Facebook
(lexi)
Sou

リンク元

Comments

Copied title and URL