人事オートメーションサービスのSoraが5.7億円調達

download - 人事オートメーションサービスのSoraが5.7億円調達 最新ニュース
最後に新しい職場で新人研修を受けたときのことを思い出してほしい。たくさんの書類や呼び出しや電話のゴチャゴチャにまみれて、ひどく混乱したのではないだろうか?
その理由は、新人研修がバラバラでつながりのない人事ツールに頼っているからだ。米国時間7月22日に530万ドル(約5億6700万円)の資金調達を発表したスタートアップであるSoraは、コーディング不要のローコードサービスで人事ソフトウェアの世界を一新し、人事作業を自動化するツールを提供する。このスタートアップは、新人研修のようなプロセスを、社員にとっても会社にとっても良いものにできるかもしれない。
ローコード、ノーコード
ローコードやノーコードを非エンジニアリング集団に提供しようとしているスタートアップは、最近のトレンド(未訳記事)だ。TechCrunchも最近、ノーコード・テキスト分析と機械学習のスタートアップ、MonkeyLearnが220万ドルの調達ラウンド(未訳記事)を実施したことを報じた。2020年だけで数億ドルの資金がローコード、ノーコードツールのために投入されている。
分析であれビジュアルプログラミングであれ、非エンジニアが開発者の手を借りずに効率よく作業できるためのツールを作ることで、以前なら技術者チームにしかできなかったことを非技術者チームができるようにしている新興企業がいくつか登場してきた。
「Soraは、非開発者がワークフローを作れるサービスを提供してそのトレンドに仲間入りした」と同社の共同創業者でCEOのLaura Del Beccaro(ローラ・デル・ベッカロ)氏は言う。
Soraのワークフローは、テンプレートからつくることが可能で、さまざまなプロセス(メールの送信、他のアプリやサービスからデータを取り出す、などの作業)を開始するトリガーを導入することで、非エンジニアがビジュアルなロジックフローを

リンク元

Comments

Copied title and URL