アップルがセキュリティ研究者や熟練ハッカーに脱獄済みの特別なiPhoneを提供開始

download - アップルがセキュリティ研究者や熟練ハッカーに脱獄済みの特別なiPhoneを提供開始 最新ニュース
過去10年の間、Apple(アップル)はiPhoneを市場で最も安全なデバイスの1つにするべく努力を重ねてきた。そのソフトウェアを厳重に保護することによって、同社は20億人のiPhoneオーナーを安全に保っている。だが、セキュリティの研究者たちは、それが理由で実際に問題が発生したときに何が起こったかを把握することが難しくなっているという。
同社はかつて、自社のコンピューターにはウイルスは感染しない(Wired記事)と主張していたが、近年同社は、これまでにない方法でセキュリティ研究者やハッカーを受け入れ始めた。
昨年開催されたセキュリティカンファレンス「Black hat USA 2019」で、アップルのセキュリティ責任者であるIvan Krstic(アイバン・キルスティック)氏は、集まったセキュリティ研究者たちに対して、最も信頼できる研究者にデバイス深部へのかつてないアクセス(Forbes記事)を提供する特別なiPhoneを提供すると語った。このiOS Security Research Deviceプログラムの下に提供されるiPhoneを使うことで、アップルが修正できるセキュリティの脆弱性を発見・報告することが容易になる。
アップルは米国時間7月22日から、特別な研究用iPhoneをプログラムの適格性を満たす熟練し精査された研究者に対して貸し出し始める(Appleサイト)。
これらの研究用iPhoneには、SSHアクセスや、ソフトウェアへの最高のアクセス権を持つカスタムコマンドを実行するルートシェル、そしてセキュリティ研究者が自身のコードを実行して深部で何が起きているかを理解しやすくするデバッグツールなど、通常のiPhoneが持つことはない特別なカスタムビルドiOSが搭載されている。
アップルはTechCrunchに対してこのプログラムを「デバイスを送り出してお終いという

リンク元

Comments

Copied title and URL