Apple向けミニLEDディスプレイ用プリント基板を韓国メーカーが21年初頭から供給

11 Pro 2gen - Apple向けミニLEDディスプレイ用プリント基板を韓国メーカーが21年初頭から供給 apple製品情報

 
Apple向けミニLEDバックライト搭載ディスプレイ用プリント基板のサプライヤーに、韓国Tripod Technologyが加わることを台湾DigiTimesが伝えています。
2021年初頭から量産開始か
iMoreによれば、Tripod Technologyが製造を担当する予定のApple向けミニLEDディスプレイ用プリント基板は、既存製品よりも薄いながらも平滑度が高く、収縮・膨張率が低い製品に仕上げる必要があるようです。
 
Tripod Technologyは2021年早々に、このプリント基板の量産を開始するようです。
Apple向けプリント基板は高品質
Appleは、ミニLEDバックライト搭載ディスプレイを採用した新型iPad Proを2021年後半に発売する可能性があると噂されています。
 
Tripod Technologyが生産を手掛けるプリント基板の量産が2021年からだとすれば、年内に発売されるミニLEDバックライト搭載ディスプレイを採用したApple製品が、それとは別のプリント基板を用いるのかは不明だとiMoreが伝えています。
 
 
Source:DigiTimes via iMore
(FT729)
Source: iPhone Mania

リンク元

Comments

Copied title and URL