互いに協力できる倉庫用ロボットのDexterityがステルスを脱して60億円相当を調達

download - 互いに協力できる倉庫用ロボットのDexterityがステルスを脱して60億円相当を調達 最新ニュース
Dexterityは今週ステルスを脱し、複数のロボットがコラボレーションするシステムを作るための、フルスタックのソリューションを発表した。そのハードウェアとソフトウェアから成るシステムは、大箱からの個別製品の取り出し(ピッキング)や、その逆の荷詰め(パッキング)など、主に倉庫の荷受け配送部門やロジスティクスで必要になるさまざまなタスクをこなす。
画像クレジット: Dexterity

ベイエリアに拠点を置く同社は、すでに投資家から積極的に支持され、これまで5620万ドルを調達した。長くなるがその投資家たちのリストは、Kleiner Perkins、Lightspeed Venture Partners、Obvious Ventures、Pacific West Bank、B37 Ventures、Presidio(Sumitomo)Ventures、Blackhorn Ventures、Liquid 2 Ventures、そしてStanford StartXなどだ。
画像クレジット: Dexterity
同社は2017年に、CEO Samir Menon氏のスタンフォード大学の卒論の延長として創業された。同社の説明では、「Menonは、人間の脳が体をコントロールし調整するときの、コントロールの仕組みを研究し、その研究をベースに、人間のスキルを、ロボットを人間のように優雅に制御する数学的プログラムへ蒸留するためのモデルを作った」という。
同社の魅力は、そのロボットの多芸にあるようだ。それは人間と一緒に仕事ができるためであり、人間と協力できるためだ。初期の採用企業の中には、「グローバルな食品製造企業」や「世界的なパッケージデリバリプロバイダー」、それに日本の川崎重工業がいる。
Dexterityによると、COVID-19パンデミックによる必須的サービスの需要増も業績ア

リンク元

Comments

Copied title and URL