山岳ガイド/旅行作家 堀 源太郎

202007211518 3 - 山岳ガイド/旅行作家 堀 源太郎 最新ニュース

2020.5.21/横浜市神奈川区のご自宅にて

横浜から大阪まで3週間かけて歩き通す
奥田 堀さんは、現在、登山ガイドや町歩きの指南をされ、旅行作家としての顔ももっておられますが、ここに至るまでにはいろいろな挑戦をしてこられたのですね。たとえば「飛行機を使わない世界一周の旅」とか。
堀 そうですね。そんなことをしようと思った最初のきっかけは、大学3年生のときに東海道をたどって大阪まで歩いて行き、その後はヒッチハイクで、四国、九州、山陽地方を回って、横浜に戻ってくるという旅を経験したことにあります。
奥田 大阪まで歩く?
堀 ええ、歩きで3週間ですね。
奥田 いくら若いとはいえ、それはすごい! 大阪から先は全部ヒッチハイクで?
堀 船以外はすべてヒッチハイクです。8月1日に出発して大阪まで歩き、その後2週間で地元横浜まで戻ってきました。トータル5週間ですね。とても暑い時期でしたが、このとき私は旅の楽しさに目覚めてしまったわけです。
奥田 でも、どうしてそんな苦行をしようと思ったのですか。
堀 大学でろくに勉強をしてこなかったので、何かを成し遂げなければならないと思ったんですね。
奥田 それで東海道を歩こうと……。でも、不安はありませんでしたか。
堀 もちろん、家を出る時は不安でしたよ。東海道を歩き始めて、最初に泊めてもらおうとお願いしたのが藤沢の遊行寺(ゆぎょうじ)でした。遊行寺は時宗の総本山で、その名のとおり全国を行脚する遊行僧がいるお寺です。だから、訪れた旅人を無条件に泊めてあげるといった慣習があったようです。そのためすぐにOKが出たのですが、もしここで断られていたら気持ちが萎えてしまい、そばを走る東海道線に乗って、この横浜の家に引き返していたかもしれない。もしそうだったら、いまのような人生を歩んでいなかった可能性が

リンク元

Comments

Copied title and URL