サイバーセキュリティーの新たな荒波に立ち向かうには?

download - サイバーセキュリティーの新たな荒波に立ち向かうには? 最新ニュース
サイバーセキュリティー業界は転換期を迎えている。
セキュリティーの従来型アプローチはすでに、サイバー攻撃、クラウドへの移行、モノのインターネット(IoT)の爆発的な増加にすでに手一杯の状態だ。IoT機器の数が2025年には416億基に達するという予測(IDC記事)に異論はないだろう。
そこを新型コロナウイルスのパンデミックに襲われたことで、何年も前から催促されてきた改革が加速され、リモートワークは日常となり、デジタルトランスフォーメーションが急務となった。どの企業でも、すでにまったく余裕のないところへ来て、新たな課題が何層にも積み重ねられてゆく状態だ。
私は、今のサイバーセキュリティーの最大のリスクは、安全確保のための仕事量に企業が追いつけない点だと見ている。企業のサイバーセキュリティー担当部署は、人の手では絶対にさばききれない膨大な量の仕事に溺れかけている。マシンに人の手で立ち向かえと命令されても、太刀打ちはできるはずがない。それとは裏腹に、ハッカーたちは日々進化し、機械学習(ML)アルゴリズムを駆使して、同等のテクニックでしか対処できない攻撃を大規模化している。そのような理由から、我々はパーフェクトストームの真っ只中にいると言える。
以上が悪いニュースだ。良いニュースは、この問題には対処策があるということだ。実際、今こそ物事を是正する好機でもある。なぜか?クラウドの活用、テレワーク、IoTの急増など、あらゆるものが変化しているからだ。
今のような高度な脅威にさらされた状況では、受け身であってはいけない。積極的に攻めることだ。サイバーセキュリティー担当者の重荷を軽くするためには、素早くより効率的に攻撃に対処するための統合型機械学習が必要になる。同時に、クラウドデリバリーとサイバーセキュリティーに対する総合的なアプローチの導入も欠かせない。
土台はどこにあるのか?
数年前か

リンク元

Comments

Copied title and URL