いよいよ中国トップのAI翻訳機「iFLYTEK」が日本に上陸

202007221920 1 - いよいよ中国トップのAI翻訳機「iFLYTEK」が日本に上陸 最新ニュース

7月1日に日本で発売された「iFLYTEK(アイフライテック)翻訳機2.0」

中国政府がAI先進企業として後押し
 iFLYTEKは1999年に創立。本社は、中国・上海市から新幹線で約2.5時間の安徽省合肥市に構える。同社の名前を世界的に一躍有名にしたのが、中国政府が2017年11月に「AI大国」を目指すため、スマートシティ分野を阿里巴巴集団(アリババ)、医療映像分野を騰訊控股(テンセント)、自動運転分野を百度(バイドゥ)、音声認識分野を科大訊控(iFLYTEK)の4社を重点育成企業として指定したことだ。
 19年6月に上海で開催された「CES Asia 2019」でホンダ中国とアリババが車載用システム「Honda CONNECT」の共同開発で提携することを発表して話題になったが、その中の音声認識でiFLYTEKも入っている。昨年のCES Asiaの会場でも、翻訳機や音声認識のブースはiFLYTEKが多くを占めていた。


7月1日に日本で発売された「iFLYTEK(アイフライテック)翻訳機2.0」

 日本法人のiFLYTEKジャパンAIソリューションズは20年1月8日に設立。日本市場の進出について孫嘉人取締役副社長COOは、「日本の消費者は目が厳しく、新しい技術や製品に対する関心がとても高い」と、中国の最新テクノロジーが日本でどう評価されるかに興味を示す。
 本来なら今頃、東京五輪が開幕し、訪日外国人客であふれかえっていて、翻訳機も飛ぶように売れていたことだろう。しかし、新型コロナウイルスによって目算が大きく狂った。この点について孫副社長は、「延期となった来年に向けて販売パートナーを開拓するとともに、テレワーク需要などに対応する機能のバージョンアップも考えている」と語る。
 中国では、リアルタイムで精度の高い文字起こしができるAIボイスレコーダー

リンク元

Comments

Copied title and URL