Apple、WebKitの脆弱性に対処したSafari14.1をリリース

c21b2456c9b45160eb347884c62609b1 e1620188128796 - Apple、WebKitの脆弱性に対処したSafari14.1をリリース apple製品情報

 
Appleは現地時間5月4日、macOS Catalina及びmacOS Mojaveユーザー向けにSafari14.1をリリースしました。
WebKitに関連する2つの脆弱性に対処
今回のアップデートでは、現地時間5月3日にリリースされたmacOS Big Sur 11.3.1と同様、WebKitに関連する2つの脆弱性に対処しています。Appleのサポートページによると、macOS Big Sur 11.3.1と同じくWebKitのメモリ破壊の問題と、整数のオーバーフローに対処しているとのことです。
 
これらの脆弱性はいずれも積極的に悪用されている可能性があるため、ユーザーには、早めのアップグレードが推奨されます。
 
Appleによると、今回アップデートされたSafari14.1には、前回の4月26日にリリースされたSafari14.1のセキュリティコンテンツが含まれるとのことです。Safari14.1のビルド番号は、macOS Catalinaでは、15611.1.21.161.7、macOS Mojaveでは、14611.1.21.161.7となります。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(m7000)
Source: iPhone Mania

リンク元

Copied title and URL