iOS14ベータ1とiOS13.5.1のバッテリー動作時間比較、驚きの結果に

iOS14beta1 Batterytest 1 - iOS14ベータ1とiOS13.5.1のバッテリー動作時間比較、驚きの結果に apple製品情報

 
開発者向けに提供されているiOS14ベータ1と、現時点で最新の正式版であるiOS13.5.1のバッテリー動作時間を比較した動画を、YouTubeチャンネルiAppleByteが公開しました。
iOS14ベータ1で異例のバッテリーテストを決行
iOS14ベータ1の安定感が光ったiOS13.5.1との動作速度テストに続いて、iAppleByteがバッテリー動作時間の比較動画を公開しました。
 
iAppleByteは、未完成の点が多いベータ版でバッテリーテストは通常行わない方針だそうですが、今後のバージョンと比較する目的で、iOS14ベータ1のバッテリーテストを実施してみた、と説明しています。
 
 
また、iOSのアップデート後はデータの最適化処理が行われるためバッテリー消費量が増えることを考慮して、iAppleByteは通常、バッテリーテストをアップデートから5日間経ってから実施する方針だそうですが、今回はアップデートから24時間で実施したそうです。
iPhone SE(第2世代)とiPhone11でバッテリー完全放電テスト
テストは、ベンチマークアプリ「Geekbench 4」で、プロセッサ に負荷のかかる動作を再現し、バッテリーが100%から0%になるまでの時間でバッテリー性能を測定します。
 
テストに使用したiPhoneは、ディスプレイの明るさを25%に統一したiPhone SE(第2世代)とiPhone11です。両端末とも、バッテリーの最大容量は100%です。
 
 
驚きの結果に
バッテリーベンチマークテストのスコアと、バッテリーが0%になるまでの時間は以下のとおりです。
 
iPhone SE(第2世代)、iPhone11とも開発途上で、インストール直後のiOS14ベータ

リンク元

Comments

Copied title and URL