元インテル社長が創業したAmpereが同社初のデータセンターとクラウド専用カスタムチップを構想中

download - 元インテル社長が創業したAmpereが同社初のデータセンターとクラウド専用カスタムチップを構想中 最新ニュース
Armベースのチップをデータセンターやエッジに売り込もうとしているAmpereが米国時間5月19日、例年のメディアデーを開催した。80コアのAltraと128コアのAltra Maxで同社は、ライバルのIntelやAMDに多くの共通のシナリオで勝るプラットフォームをすでに提供しており、そしてAltra Maxは現在では量産と一般販売を始めている。ただしこれらのチップは、ARMの標準アーキテクチャであるNeoverse N1がベースだが、しかしこれから同社は、5nmのプロセスによる独自のAmpere Coreをローンチしようとしている。
Intelに26年在籍し、その後Ampereを創立したRenee James(レネイ・ジェームズ)氏は次のように述べている。「AltraとAltra MaxはArmのN1コアがベースです。弊社はアーキテクチャのライセンシーであり、またIPのライセンシーでもありますが、今日はうちのメディアデーであり、弊社独自のコアについて話しましょう。何をどうやって、なぜ作っているのか、そしてそもそもクラウドネイティブのプロセッサーとはどういうものか?について。AppleのPCのM1についてみなさんが考えるように、私たちはその自社製コアについて考えたいと思っています。クラウドのデータセンターサーバー用のAmpere Coreのことです」。
128コアのAltra Maxは、Ampereによれば、AMD Rome CPUに比べて1コアあたりの消費電力が50%低く、たとえばウェブサーバーのNGINXを動かした場合パフォーマンスは1.6倍になる。同じベンチマークをIntelのCascade Lake Refresh CPUに対してやると、結果はさらに良い。AMDのRomeがローンチしたのは2019年8月で、IntelのCascade Lake Scalable Pe

リンク元

Copied title and URL