Big Surで復活するMacの起動音「ジャーン」誕生の歴史

Mac startup chime 01 - Big Surで復活するMacの起動音「ジャーン」誕生の歴史 apple製品情報

 
macOS Big Surで、Macの起動音「ジャーン」が復活するのが話題となっています。Apple製品の歴史を独自のスペックシートで紹介しているApple ExplainedのYouTubeチャンネルは、Macの起動音とクラッシュ音の歴史を動画で紹介しています。
起動音の歴史
 
Apple Explained制作の動画は第1部として、歴代Macの起動音を取り上げています。
 
Macintosh 128k:1984年~1990年
 
Macintosh 128kと同じ起動音が、Macintosh SEやMacintosh Classicでも用いられていました。
 
Macintosh Ⅱ Series:1987年~1992年
 
Macintosh SE/30で用いられたこの起動音は、Macintosh 128kのものより和音がかったものになっていました。
 
Macintosh LC Series:1990年~1996年
 
こちらの起動音は、高音が抑えられて落ち着いたものへと変化しています。
 
Macintosh Color Classic:1993年~1995年
 
Quadraシリーズや、68k Power Bookで使用されたこちらの起動音以降、同じ起動音を搭載する期間は短くなっていきます。
 
Power Macintosh 7220:1995年~1998年
 
この起動音は、余韻を引くようにフェードアウトしているのが特徴です。
 
Power Macintosh 6100:1994年~1995年
 
採用期間がわずか1年弱のこちらの起動音は、久しぶりに高域が強調されたものでした。
 
P

リンク元

Comments

Copied title and URL