データセンターよりもクラウドに注力するセキュリティプラットフォームNetskopeが上場を匂わす大型ラウンド

download - データセンターよりもクラウドに注力するセキュリティプラットフォームNetskopeが上場を匂わす大型ラウンド 最新ニュース
Secure Access Service Edge(SASE)アーキテクチャをベースとするクラウドセキュリティ企業Netskopeが米国時間7月9日に、投資前評価額75億ドル(約8260億円)で3億ドル(約330億円)を調達したことを発表した。
この応募超過のインサイダー投資はICONIQ Growthがリードし、Lightspeed Venture PartnersやAccel、Sequoia Capital Global Equities、Base Partners、Sapphire Ventures、Geodesic Capitalなどの既存の投資家が参加した。
Netskopeの共同創業者でCEOのSanjay Beri(サンジェイ・ベリ)氏によると、同社は2012年の創業以来、企業がその最も重要なもの、すなわち機密データを発見して保護できるようガイドすることをミッションとしてきた。
「それまで市場にあったセキュリティ製品はデータの保護に注力していませんでした。しかし、デジタルトランスフォーメーション(DX)が必須となった今日では、そのような市場を変えて、多くの人にそれができるようにしなければなりません。弊社が10年近く作ってきたものは、まさにそれです」とベリ氏はいう。
今回の新たなラウンドも含め、Netskopeは大型投資が続いている。2月には3億4000万ドル(約370億円)を調達して、評価額を30億ドル(約3300億円)近くとした。その前には、2018年の終わりに1億6870万ドル(約190億円)のラウンドを完了している。
他のラウンドと同様に、同社は資金を積極的に求めていたわけではない。ベリ氏によるとそれは「私たちのことをよく知っている人びとによる内部的ラウンド」だという。
「実際には10億ドル(約1100億円)調達することもできたが、今以上の資本は必要あ

リンク元

Copied title and URL