iPhoneのガラスをより頑丈にする次世代技術をAppleが開発中

iPhone11Pro Camera - iPhoneのガラスをより頑丈にする次世代技術をAppleが開発中 apple製品情報

 
iPhoneのガラスを更に割れにくくするため、Appleが特殊なコーティング技術を開発しているようです。
スパイラル状の特殊素材を活用
米特許商標庁(USPTO)が新たに公開した特許では、Appleが「螺旋木理コーティング(Spiral Grain Coatings)」と呼ばれる特殊な技術を用いて、iPhoneのガラス強度を上げようとしていることが確認できます。
 
Appleによると、現在採用されているガラスは一定以上の衝撃が加わると、逆に反射防止や傷防止のコーティングが圧力を集中させてしまう構造になっているそうです。しかし、スパイラル状の多結晶質素材を組み合わせた、薄いガラスを何層も蒸着させることでコーティング替わりにする技術を使えば、今まで以上に衝撃に強くなるとのことです。
 

 
また、iPhone以外にもiMac、Apple Watchなど、幅広いApple製品への活用が示唆されています。
Appleは修理で儲からない
iPhoneに採用されているガラス製背面パネルは、iPhone11シリーズで「スマートフォンの中で最も頑丈なガラス」「分子科学がさらに強くしたガラス」と頑丈さがアピールされているように、現時点でも高い強度を誇っています。
 
 
とはいえ、頑丈さに限りがあるのも事実です。iPhone11 Pro Maxの背面ガラスが割れた場合、Appleでの修理代金はAppleCare+に加入していれば11,800円で済みますが、未加入の場合は64,800円が必要となります。
 
高額な修理代金ですが、米下院司法委員会に送られた報告書によると、Appleの修理プログラムは「運営コストが修理から得られる収益を上回っている」そうなので、同社が背面ガラスの強度をさらに高めたいと思うのは自然

リンク元

Comments

Copied title and URL