Disrupt 2020の早期割引は8月8日(土)まで

download - Disrupt 2020の早期割引は8月8日(土)まで 最新ニュース
初期段階スタートアップの厳しい競争の世界でさえ、一定数の先延ばし屋、怠け者、のんびり屋、優柔不断、そして土壇場まで決断を下せないひとがいる。もしあなたがそうした属性の方なら、良いお知らせだ。
米国時間9月14日から18日にかけて開催される、Disrupt 2020への早期割引の申し込みの締め切りが、延長された。先延ばし屋の守護聖人Saint Expeditusのおかげだ。新しい締め切りの米国時間8月7日午後11時59分(PDT)(日本時間8月8日(土) 15時59分)までにパスを購入すれば、最大300ドル(約3万1700円)を節約できる。祈りや願いは届くものだ。
パスを買うことで、これまでで最大かつ最長の、TechCrunch Disruptへの5日間の扉が開かれる。世界中から何千人もの参加者と、何百社ものイノベーティブな初期ステージスタートアップを世界中から引き寄せるこの会議以上に、ビジネスのスピードを加速するための良い時間、場所、機会は見つけられないだろう。
Disrupt 2020に参加すべき、4つの世界クラス理由を以下に示そう。
世界クラスの登壇者:Disruptのどのステージでも聞くことができる、テクノロジー、ビジネス、投資の世界での最先端の意見を、是非聴いて欲しい。Sequoia CapitalのRoelof Botha(ロエロフ・ボサ)氏、UreekaのMelissa Bradley(メリッサ・ブラッドリー)氏、SlackのTamar Yehoshua(タマル・イェホシュア)氏といった人たちは、登壇者のほんの一例だ。登壇予定者はこの特集ページで随時公開していくのでチェックして欲しい。
世界クラスのスタートアップ:TC Top Pickを含む、Digital Startup Alleyに出展する何百ものイノベーティブなスタートアップたちをご覧いただきたい。この精

リンク元

Comments

Copied title and URL