Fleetsmithユーザーがアップルによる買収後、アプリへのサポートが失われたことに対して不満

download - Fleetsmithユーザーがアップルによる買収後、アプリへのサポートが失われたことに対して不満 最新ニュース
Apple(アップル)が、米国時間6月24日にモバイルデバイス管理ベンダーのFleetsmith(フリートスミス)を買収したことを発表したとき、それは自然な買収のように思えた。だが、Fleetsmithのユーザーたちは、すぐに機能の主要な部分が動作しなくなったことを知り、大多数はそのことについて満足していない。
アップル製品を扱うシステム管理者たちは、買収が発表された朝からFleetsmithがサードパーティのアプリケーションへの接続を許可しなくなったという不満を、ソーシャルメディア上に書き込み始めた。
「本来Fleetsmithは、サードパーティーのアプリカタログを管理していました。このおかげで管理者はChromeやZoomのようなツールをMacに展開することができ、Fleetsmithはそれらのアプリのセキュリティ更新を続けていたのです。これがFleetsmithを購入した主な理由でした」と、FleetsmithのあるユーザーはTechCrunchに語った。
この顧客は、同社がこの機能を会社のブログ投稿で、主要な機能として説明しているのだと付け加えた。
Fleetsmithカタログを通じて管理されるChromeのようなアプリに対して、私たちはテスト、パッケージ化、トリアージ、展開のすべての側面を自動的に処理いたします。(セキュリティパッチを含む)アップデートがある場合には、いつでも迅速にそれらをカタログに追加して、お客様が最新バージョンを適用できるようにいたします。今回のケースでは、アップデートが発表されてから数時間以内にChrome 78.0.3904.87パッチを登録いたしました。
あるシステム管理者が指摘したように、自動化された方法でChromeブラウザーのセキュリティを管理できることは、非常に大切な部分だったのだが、それもまたサードパーティのアプリのサポートとと

リンク元

Comments

Copied title and URL