ルンバのように動いて建築現場にレイアウトをプリントするRugged Roboticsのロボット

download - ルンバのように動いて建築現場にレイアウトをプリントするRugged Roboticsのロボット 最新ニュース
2020年の出来事の中で、最も追い風を受けたロボティクスの分野の1つは建設業だろう。自動化によって大きな利益を得られる可能性のある建設業は、ロボティクスの急成長分野だ。新型コロナウイルスの影響から多くの不要不急の事業が停止したことで、この事実はさらに強調された。過去1年余りの間に、Toggle(トグル)、Dusty(ダスティ)、Scaled(スケールド)、SkyMul(スカイミュル)など、この分野における多くのプレイヤーが、注目に値する資金を調達するのを、我々は目にしてきた。
2018年にヒューストンで設立されたRugged Robotics(ラグド・ロボティクス)は、2019年のシードラウンドで250万ドル(約2億7400万円)を調達した。現在は積極的な資金調達を行っていないが、マサチューセッツ州に拠点を置く建設会社のConsigli(コンシーリ)と提携するなど、すでに初期のパイロット段階における技術の運用を開始している。
画像クレジット:Rugged Robotics
ConsigliのJack Moran(ジャック・モラン)氏は「私たちには、かなり先進的なクライアントがいました」と語る。「その建築物は、プロジェクトの中核となるシェルを我々が管理しており、非常に複雑で、多くの奇妙な形状の装備を施さなければならず、私たちにとってはチャレンジングなものでした」。
Ruggedが「レイアウト・ルンバ」と自称するこのロボットは、マサチューセッツ州ケンブリッジにある10階建てのビルの建設に使用され、実際に1フロアあたり約4万平方フィートの空間の設計図を地面に描き出した。この提携により、Ruggedは初期の研究開発モードから商業化への重要な一歩を踏み出すことになった。
「レイアウト作業は、建設プロセスの中で最も重要な作業です」と、Ruggedの創業者兼CEOであるDerrick

リンク元

Copied title and URL