AppleデバイスのARM完全移行は2025年か!?~移行は4段階にわけて進むと解説

ARM MacBook NGTC 02 - AppleデバイスのARM完全移行は2025年か!?~移行は4段階にわけて進むと解説 apple製品情報

 
著名リーカーのFudge(@choco_bit)氏が、Redditにて、AppleデバイスのARM完全移行のロードマップを4段階にわけて予想・解説しています。同氏は、ARMアーキテクチャへの完全移行は2025年に完了すると予想しています。
ARMアーキテクチャへの移行計画全容
Fudge(@choco_bit)氏は、ARMアーキテクチャへの移行は下記の4段階に分けられるとしています。
 
第1段階:2014、15年~2017年「T1チップ搭載によるARM移行の開始」
第2段階:2018年~現在「T2チップによる制御範囲の拡大」
第3段階:現在~2022年から2023年にかけて「ARM搭載Macの登場」
最終段階:2024年以降「GPU、システムコントローラについては未知数」
 
第1段階:2014、15年~2017年「T1チップ搭載によるARM移行の開始」
 
ARM移行の最初の段階は、Apple T1チップの登場により始まりました。このチップは、Apple Watch Series 1/2に使用された、Apple T8002チップ(S1)に類似しているとのことです。T1は、2016年モデル及び2017年モデルMacBook Pro用のTouch ID向けに用いられました。
 
プロセッサ登場までの開発期間を考えると、T1チップの開発は、2014年から2015年に始まっただろうと、Fudge(@choco_bit)氏は予想しています。
 
第2段階:2018年~現在「T2チップによる制御範囲の拡大」
 
第2段階は、T2チップを搭載した2018年モデル以降のMacBook Proおよび同年以降のMacシリーズによるものだったとFudge(@choco_bit)氏は記しています。
 
T

リンク元

Comments

Copied title and URL