iPhone SE(第2世代)のカメラ性能、DXOMARKが評価

iPhoneSE2gen Apple - iPhone SE(第2世代)のカメラ性能、DXOMARKが評価 apple製品情報

 
iPhone SE(第2世代)の背面カメラ性能を、カメラレビューで知られるDXOMARKが評価し、結果を公開しました。逆光撮影でも綺麗に撮れるのが特徴ですが、暗い場所やズーム撮影はやや苦手です。
暗所撮影ではノイズが目立つ
4月に発売されたiPhone SE(第2世代)の背面カメラは、シングルカメラに1,200万画素センサー、f値1.8のレンズ、光学式手ぶれ補正、最大5倍のデジタルズームが可能で、最新鋭のA13 Bionicプロセッサが画像処理を担います。
 
DXOMARKは、iPhone SE(第2世代)の背面カメラについて、ある程度明るい場所ではダイナミックレンジ、露出ともに適正だが、暗所撮影ではノイズが出やすい、と評価しています。
 
 
逆光でも綺麗に撮れる
左からiPhone SE(第2世代)、iPhone11、Google Pixel 3の順に並んだ写真を比較すると、明るい場所で人物を撮影した写真では、iPhone SE(第2世代)の写真が人物が綺麗に撮れており、空も鮮明に写っているのが分かります。
 
 
屋内での逆光撮影では、iPhone SE(第2世代)とiPhone11はともに人物の顔を明るく写していることが分かります。
 
 
逆光撮影した写真で、壁の角の部分を拡大して比較すると、iPhone SE(第2世代)とiPhone11は、Pixel 3よりもノイズが少ないことも分かります。
 
 
ズーム撮影は苦手
iPhone SE(第2世代)はシングルカメラ、iPhone11は広角と超広角のデュアルカメラなので、どちらもズーム撮影は苦手です。
 
屋外でズーム撮影した写真を拡大すると、iPhone SE(第2世代)、iPhone1

リンク元

Comments

Copied title and URL