モバイルバンキングのVaroが本物の銀行になる

download - モバイルバンキングのVaroが本物の銀行になる 最新ニュース
モバイルバンキングのスタートアップ、Varo (ヴァロ)が通常の銀行になる。金曜日(米国時間7月30日)に同社は、通貨監督庁(OCC)から全米銀行免許を取得し、FDIC(連邦預金保険公社)および連邦準備制度から、Varo Bank, N.A. を開業するための規制に関わる承認を得たことを発表した。このニュースに先立ち、最近VaroはシリーズDラウンドで2.41億ドルの資金調達を完了 した。同社のサービスを銀行に転換する準備をすすめるとともに、新たなバンキングサービスへの進出、運用、マーケティング、リスク管理、技術、コミュニケーションなどの新規雇用に活用するためだ。
2017年に開業したVaroは、すべての銀行取引をオンラインで行うことに抵抗のない若年消費者向けのバンキングサービスを提供している。競合には、Chime、Current、Space、Cleo、N26,Empower Finance、Level Step、Movenなど数多くのモバイルバンキング・スタートアップがいる。
多くのライバルと同じく、Varoは月額手数料や最低残高がなく、高利率の定期預金と最新モバイルアプリ体験を備える使いやすい銀行口座を提供している。実店舗は持たないが、Varoの顧客は世界5万5000箇所以上のAllpoint ATMネットワークを通して現金取引ができる。
現在Varoは、顧客のバンキングサービスのためのフロントエンドを提供しているが、実際の口座はThe Bancorp Bankが持っている。Varoの200万以上ある口座は、近々段階的にVaro Bnakに移行されると同社は言っている。
Varoによると、米国の消費者向けフィンテックが銀行免許を取得するのは初めてだという。しかし、多くのスタートアップがあとに続くかもしれない。今年3月、Square(スクエア)はFDICから銀行預金保険の

リンク元

Comments

Copied title and URL