あらゆるスペースを貸し借りできる「スペースマーケット」が新たにワークスペース特化シェア開始

download - あらゆるスペースを貸し借りできる「スペースマーケット」が新たにワークスペース特化シェア開始 最新ニュース
あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」運営のスペースマーケットは8月4日、オフィス・会議室など働くシーンに特化したスペースをマッチングする新サービス「スペースマーケットWORK」を開始した。年内めどに、全国3000件を超えるワークスペースの掲載を目指す。
スペースマーケットは、スペースシェアにより人々の「はたらく」「あそぶ」「くらす」のあらゆるシーンにおける選択肢を広げるとともに、遊休スペースの有効な活用・収益化に貢献。2014年のサービス開始から約6年半で、掲載スペース数は現在1万3000件を超えたという。スペースのジャンルは、イベントスペース、会議室、撮影スタジオ、映画館、住宅など多岐にわたる。
新サービスのスペースマーケットWORKでは、スペースを借りる企業・個人(ゲスト)は、テレワーク・打ち合わせ・会議・セミナーなどの用途で、最短1時間から15分単位で借りることが可能。また、スペースを貸す企業・個人(ホスト)は、所有・管理している不動産の遊休時間を貸し出し、収益化できる。オフィスの会議室やイベントスペース、コワーキング、飲食店舗の個室など、空いている日や時間帯を限定して貸し出すこともできる。
さらに、ゲストは、オフィス家具や備品が揃ったスペースを月・週単位での契約(オンライン完結)も可能。一般的なオフィスビルの契約で必要となる敷金・礼金などの初期費用やオフィス家具の設置費用、原状復帰費用などのコストを低減しつつ、オフィスを開設できる。そのため、既存オフィスや従業員の居住エリア付近に設置するサテライトオフィス、災害などの緊急時セカンドオフィスなど、オフィスの分散化を柔軟に行えるとしている。
一方、リモートワーク活用により稼働率が低下したオフィスの会議室やワークスペースがある企業は、ホストとして一定期間「間貸し」するなど、遊休オフィスス

リンク元

Comments

Copied title and URL