Apple Watch Series 7のケース素材別重量を、Series 6と比較

appleinvitedesign3 800x509 1 - Apple Watch Series 7のケース素材別重量を、Series 6と比較 apple製品情報

 
MacRumorsが、Apple Watch Series 7はApple Watch Series 6と比べてどの程度重くなったのか、ケース別に報告しています。
ケース径とケース素材別で、前モデルと重量を比較
MacRumorsによれば、Apple Watch Series 7はApple Watch Series 6と比べて、ケース素材に関わらず全モデルで重くなっているようです。
 
下記比較表が、重量差をまとめたものです。
 
なお、Apple Watch Series 7の41ミリケースはApple Watch Series 6の40ミリケースと、Apple Watch Series 7の45ミリケースはApple Watch Series 6の44ミリケースとの比較結果になります。
 

ケース素材
Apple Watch Series 7のケース径
対 Apple Watch Series 6での重量比

アルミニウム
41ミリ
4.9%重い

45ミリ
6.6%重い

ステンレス
41ミリ
6.5%重い

45ミリ
9.3%重い

チタニウム
41ミリ
6.9%重い

45ミリ
9.2%重い

 
Appleが、Apple Watch Series 6の技術仕様に記載している重量は、Apple Watch Series 6の40ミリケースの場合、アルミニウムが30.5グラム、ステンレスが39.7グラム、チタニウムが34.6グラム、44ミリケースの場合、アルミニウムが36.5グラム、ステンレスが47.1グラム、チタニウムが41.3グラムでした。
両モデルが搭載するシステム・オン・チップは同じ
Apple Watch Series 7の搭載チップは、Apple Watch Series 6のS

リンク元

Copied title and URL