2020年4月〜6月の世界タブレット出荷台数は26%増、iPadがシェア約4割

Apple 10 2iPad - 2020年4月〜6月の世界タブレット出荷台数は26%増、iPadがシェア約4割 apple製品情報

 
調査会社Canalysが発表した、2020年第2四半期(4月〜6月)世界PC・タブレット出荷台数によると、在宅勤務や自宅学習のニーズにより、タブレットは前年同期比26.1%もの増加を記録しました。iPadシリーズが前年同期比19.8%増加の1,425万台でシェアトップを獲得しています。
iPadが1,425万台出荷、前年同期比約2割の伸び
Canalysによると、2020年第2四半期(4月〜6月)のタブレット総出荷台数は3,754万台で、前年同期比26.1%の大幅な伸びを記録しました。
 
メーカー別出荷台数では、AppleのiPadシリーズが前年同期比19.8%の伸びとなる1,425万台を出荷し、シェア38.0%で圧倒的な首位に立っています。
 
Appleは先日の四半期業績発表で、2020年4月〜6月期におけるiPadの世界売上高が、前年同期比約31%増となる65億8,200万ドル(約6,897億円)だったと発表しています。
 
 
2位以下はSamsung、Huawei、Amazon、Lenovoで、各社とも前年同期から2ケタ成長となっています。
 
 
Canalysは、2020年第2四半期のタブレット市場について、新型コロナウイルスの影響を受けたリモートワークと自宅学習により、PCよりも手頃なタブレットの需要が高まったこと、各メーカーが需要に応じて製品を供給できたことを挙げています。
 
また、仕事向けの高い生産性を求めるユーザーからは、iPad ProとMagic Keyboardのようなデタッチャブル(取り外し式)モデルの人気が高まりました。
タブレットを含むPC出荷、前年同期比14.3%増
タブレットを含むPCの出荷台数は約1億1,050万台で、前年同期比プラス14.3

リンク元

Comments

Copied title and URL