iPhone SE(第2世代)の自撮りカメラ性能、DXOMARKが評価

Apple iPhoneSE2gen - iPhone SE(第2世代)の自撮りカメラ性能、DXOMARKが評価 apple製品情報

 
iPhone SE(第2世代)のインカメラ性能を、カメラレビューで知られるDXOMARKが評価しています。手頃な価格のミッドレンジモデルながら、高いセルフィー(自撮り)撮影性能を持つことが分かります。
700万画素、ポートレートモード撮影に対応
iPhone SE(第2世代)のインカメラは、700万画素、f値2.2というスペックで、背景をぼかしたポートレートモードで自撮りが可能です。
 
DXOMARKは、1,500枚以上の写真、2時間以上の動画をさまざまな環境で撮影したうえで、iPhone SE(第2世代)のインカメラを多くの環境下で正確で適切な色表現ができ、ポートレートモードも満足のいく品質だ、と評価しています。
 
 
一方で、特に暗所撮影でノイズが目立つ場面が多い、ともコメントしています。
 
なお、DXOMARKは、iPhone SE(第2世代)の背面カメラについても評価しています。
自然な色調で撮れるiPhone SE(第2世代)
左からiPhone SE(第2世代)、iPhone11、Huawei P40 Proを並べた写真で比較すると、屋外でのセルフィー撮影では、3モデルともに適切な露出とコントラストで撮影できています。
 
 
屋内で明暗の差が激しい環境では、左からiPhone SE(第2世代)、Samsung Galaxy A71、Huawei P40 Proで撮影した3枚を比較しています。
 
iPhone SE(第2世代)は手前の人物がおおよそ自然な色調で、背景も明るく撮れています。
 
 
奥にいる人物では苦戦、青空は鮮明
屋外でのグループセルフィーで、一番奥にいる人物を拡大して比較すると、左のiPhone SE(第2世代)はあまり鮮明に

リンク元

Comments

Copied title and URL