【リーク】8コア、16スレッドのIntel Rocket Lake CPUがGeekbenchに登場

fc4c42d2 - 【リーク】8コア、16スレッドのIntel Rocket Lake CPUがGeekbenchに登場 最新ニュース
765: Socket774 (ワッチョイ 3f1f-7I9b) 2020/06/28(日) 01:49:55.42 ID:EdTwADi50
海外サイトからGoogle翻訳 8コア、16スレッドのRocket Lake CPUがGeekbenchに登場:32のEUデスクトップXeグラフィックスが、15W AMD Ryzen 7 3700UでVega 10よりも40%低いOpenCLスコアを実現Intel Rocket Lake S CPUが最近GeekBenchに搭載され、一部のKaby Lake GPUよりも遅いOpenCLパフォーマンスを実現しました。これにより、DG1ディスクリートソリューションが数か月前に失望した後の、IntelのXeグラフィックスの状態についての疑問が生じます。IntelのXeベースのDG1ディスクリートGPUも、明らかになったときに期待できないパフォーマンスを提供しました8コア、16スレッドのIntel Rocket Lake Sデスクトッププロセッサが、OpenCL GPUスコアが本当に期待外れなGeekBenchに登場しました。チップの32 EU Xe GPUは、AMDの15W、超低電圧Renoir Ryzen 7 3700U APUにあるVega 10統合グラフィックスよりも約40%低速でした。これはエントリーレベルのXe構成であり、最終的なデスクトップのパフォーマンスはエンジニアリングサンプルのパフォーマンスよりも高い可能性がありますが、このOpenCLテストは、Intel Xeがグラフィックパフォーマンスを大幅に向上させるという主張を支持しません。この数値を分析すると、実際のロケットレイクSエンジニアリングサンプルのスコアは、同じGeekBench OpenCL テストの第7世代Kaby Lake U CPUにあるIntel

リンク元

Comments

Copied title and URL