新型コロナウイルスで自転車業界が好調? 自転車店に実情を聞いてきた

202006261437 1 - 新型コロナウイルスで自転車業界が好調? 自転車店に実情を聞いてきた 最新ニュース
 今回、筆者が話を聞いたのは、東京・西五反田の自転車店「STYLE-B」。STYLE-Bは自転車に関わる製品だけでなく、24時間年中無休のコインランドリーも運営していたり、同じ建物内には「旬八青果店」も併設していたりと、ユニークさが際立つショップだ。営業時間は12:00~19:00(水曜日定休)。最新情報はInstagramやFacebookでチェックできる。
取材・文・写真/浦辺制作所・藤縄 優佑


STYLE-Bと、併設の「旬八青果店」(写真提供:STYLE-B)

――いつ頃から忙しくなりました?
 4月末くらいから売れ行きがいつもより上がっていくのを感じ、5月は本当に忙しくなりました。自転車本体が売れやすい週末で比べてみても、2倍以上売れることもありました。自転車修理などすべてを含めた月間の売上でいうと、だいたい前年の倍になりました。6月上旬もまだまだ人気でしたね。6月12日現在、ようやく落ち着いてきたところです。
――人気の車種はどれでしょうか。
 一番売れたのはクロスバイクです。日本ではSTYLE-Bが専売しているブランド「Pure Cycles」のクロスバイクもたくさん売れましたが、より軽い「KhodaaBloom(コーダーブルーム)」RAILシリーズの人気が目立ちました。


Pure Cyclesのクロスバイク「URBAN COMMUTER」(画像出典:STYLE-B公式サイト)

――やはり通勤用に買っていく方が多かったのでしょうか。
 半分はそうですね。もう半分はUber Eats用です。Uber Eatsを生活の糧にしようと考えているお客さまが多かったですね。ステイホーム・巣ごもりがよくうたわれていたころは稼ぎ時だったらしく、びっくりするくらい稼いでいる方もいらっしゃいました。
――ほかに新型コロナウイルスの影響で売れた

リンク元

Comments

Copied title and URL