厚労省、新型コロナウイルス接触確認アプリを6月中旬リリースと発表

MHLW COVID19 App outline 1 - 厚労省、新型コロナウイルス接触確認アプリを6月中旬リリースと発表 apple製品情報

 
厚生労働省は6月12日、新型コロナウイルス接触確認アプリを6月中旬にリリース予定と発表しました。AppleとGoogleが開発したAPIを使用して開発されています。利用者の同意に基づき、陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
6月中旬にリリース予定
厚生労働省は、新型コロナウイルス接触確認アプリの概要、Q&A、アプリの利用規約、仕様書などをまとめたWebページを公開しました。
 
同アプリは、AppleとGoogleが共同開発したAPIを用いて開発され、6月中旬にリリースされる予定です。
 
具体的なリリース日が決定しだい、厚生労働省のホームページで公表されます。
 
アプリのインストールには、iPhoneはiOS13.5以上、AndroidはAndroid6以上のバージョンが必要です。
利用者の同意が前提、プライバシーを重視した設計
接触確認アプリは、ユーザーの同意のもとに運用され、ユーザーの個人情報保護を重視して設計されたAPIを用いて製作されています。
 
AppleがReutersの取材に説明しているように、アプリのインストール時に、氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は不要で、GPSなどの位置情報を利用することもありません。
 
アプリは、iPhoneやAndroidスマートフォンのBluetooth通信機能を利用し、半径1メートル以内・15分以上の接触があった可能性を、端末情報を暗号化したうえで記録します。記録された情報は、14日後に自動で削除されます。
 
 
海外の一部の国では、すでにAppleとGoogleの共同開発したAPIを用いて開発されたアプリの運用が開始されています。
陽性者との接触可能性情報、1日1回更新
利用者がPCR

リンク元

Comments

Copied title and URL