理容室業界にバックエンドマネジメントツールを提供するSquire、予約から決済までを一元管理

download - 理容室業界にバックエンドマネジメントツールを提供するSquire、予約から決済までを一元管理 最新ニュース
新型コロナウイルスのパンデミックに強いビジネスという点において、理容店向けのサービスを提供するスタートアップは最初に思い浮かばないだろう。米国中で多くの理容店が一時閉鎖を余儀なくされる前に、何百万ドルも資金調達していれば話は別だが。
Dave Salvant(デイブ・サルヴァント)氏とSonge LaRon(ソンジ・ラロン)氏が共同で2016年に創業したニューヨーク拠点のSquire(スクワイア)はバックエンドの理容店マネジメントツールを独立事業者向けに提供している。同社は3月初めにCRVがリードしたシリーズBで3400万ドル(約36億円)を調達した(PR Newswire記事)。ちなみに、2018年にはTrinity VenturesがリードするシリーズAラウンドで800万ドル=約8億6000万円を調達している(未訳記事)。その数日後、「まったくのゼロになった」とラロン氏は顧客ベースについて回顧する。すべての理容店が営業を一時停止したのだ。
調達した資金は、成長機会をうかがうためのものから、運転資金へと変わった。Squireは定期利用料金をすべて免除し、www.helpbarbershops.comという情報サイトを立ち上げた。そして消費者がお気に入りの理容店のためにオンラインギフトカードを購入して支援できる手段の提供を始めた。ある理容店はわずか数日で3万ドル(約320万円)超を販売した。
厳しかった数カ月を経て、Squireはいま営業再開を準備している理容店のかなりの需要を享受している。Squireはキャッシュレス支払いや予約管理を提供していて、いまバーチャル待合室も実験している。これらの機能は全てコロナ後の理容店が導入を検討しているものだ。Squireは現在45都市でサービスを提供している。
Zoomでバーチャルヘアカットが行われたり、 VCが散髪ワークショップをホス

リンク元

Comments

Copied title and URL