自動運転トラックのスタートアップTuSimpleが約270億円調達へ

download - 自動運転トラックのスタートアップTuSimpleが約270億円調達へ 最新ニュース
TuSimple(ツーシンプル)は、Sina、Nvidia、UPS、ティア1サプライヤーのMando Corporationが投資する自動運転トラックのスタートアップだ。同社は投資家からの新しい資金を求めて市場に戻る。この動きに詳しい複数の情報筋によると、同社は投資銀行のMorgan Stanley(モルガンスタンレー)を起用して2億5000万ドル(約270億円)を調達する。
モルガン・スタンレーは最近、投資家候補に情報パッケージを送った(TechCrunchも目を通した)。パッケージには、会社概観、ビジネスモデルの概要、会社が成功する理由についてのピッチが含まれている。投資家を探す会社のピッチとしては標準的な内容だ。TuSimpleはコメントを避けた。
新しい資金の探求は、潜在的なライバルの数がますます増える中、TuSimpleの成長を加速させるために行われる。同社は、自動運転トラックというニッチな分野のユニークな会社だ。 自動運転車産業の金と関心のほとんどが乗用車、具体的にはロボタクシーに向かっていた2015年という時期に設立された。
自動運転トラックは、Google(グーグル)の著名なエンジニアがOtto(オットー)というスタートアップを立ち上げるまで、比較的ぼんやりとした存在だった。Ottoは2016年8月にUberに買収された。スタートアップのEmbark(エンバーク)と、今はなきStarsky Robotics(スタースカイロボティクス)も2016年創業だ。その間、TuSimpleは静かに拡大した。2017年後半にTuSimpleは、中国と米国でフルトラック2台のテストを拡大することを目的に5500万ドル(約59億円)を調達した。そして2018年までに、アリゾナ州のツーソンとフェニックスを結ぶ120マイル(193km)の高速道路、および上海で公道試験を開始した。

リンク元

Comments

Copied title and URL