【ヘッドハンティング】Microsoft、AppleがArmから引き抜いた半導体エンジニア引き抜き…半導体自社設計で

25b3e3b5 - 【ヘッドハンティング】Microsoft、AppleがArmから引き抜いた半導体エンジニア引き抜き…半導体自社設計で 最新ニュース
1: 樽悶 ★ 2022/01/14(金) 22:07:16.49 ID:rPF3FMub9
マイク・フィリッポ氏のLinkedInページ  米Appleが2019年に英Armから引き抜いた半導体エンジニアのマイク・フィリッポ氏が米Microsoft入りしていたことが、同氏のLinkedInページで明らかになった。米Bloombergなどが1月12日(現地時間)に報じた。  フィリッポ氏は米AMD、米IntelでCPU設計に従事した後、2009年にArmに入社し、「Cortex」や「Zeus」(コード名)をリードアーキテクトとして手掛けた。  Bloombergによると、Microsoftはオリジナルのサーバ向けチップ設計に注力しており、フィリッポ氏はAzureサーバのプロセッサに取り組むという。 (続きはこちら) https://news.yahoo.co.jp/articles/e41b0528168bc60e369c5b5fced436782149678f (ブルームバーグ): 米マイクロソフトはサーバー用チップを自社で開発する取り組みを拡充するため、ベテランの半導体設計者をアップルから引き抜いたことが事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。 未発表の人事だとして関係者が匿名を条件に話したところでは、マイク・フィリッポ氏はマイクロソフトのクラウドコンピューティング事業「アジュール」グループでプロセッサーの開発に取り組む。フィリッポ氏はアームやインテルで勤務した経歴も持つ。マイクロソフトの広報担当はフィリッポ氏の採用を確認した。 こうした動きはマイクロソフトがアジュール用サーバーのチップを自前で開発する取り組みを加速していることを示唆する。クラウド分野でマイクロソフトのライバルであるアルファベット傘下グーグルやアマゾン・ドット・

リンク元

Copied title and URL