ウェブサイトやアプリにビデオ機能を簡単に組み込めるようにするapi.videoが約5.9億円を調達

download - ウェブサイトやアプリにビデオ機能を簡単に組み込めるようにするapi.videoが約5.9億円を調達 最新ニュース
api.videoは、ウェブサイトやアプリにビデオを機能を簡単に追加できるようにする「開発者ファースト」のビデオプラットフォームだ。このapi.videoが、ロンドンのベンチャーキャピタルファームのBlossom Capital(未訳記事)が主導するシードラウンドで、550万ドル(約5億9000万円)を調達した。このラウンドには、Kima Venturesや多くのエンジェル投資家も参加した。
これまでには、OVH創業者のOctave Klaba(オクターブ・クラバ)氏、KelDoc創業者のEduardo Ronzano(エドゥアルド・ロンザノ)氏、Fotolia創業者のThibaud Elzière(ティボー・エルジエール)氏、Stupeflix創業者のNicolas Steegmann(ニコラス・スティーグマン)氏、Teads共同創業者のJulien Romanetto(ジュリアン・ロマネット)氏とFrédéric Montagnon(フレデリック・モンタニヨン)氏、Dataiku創業者のFlorian Douetteau(フロリアン・ドゥエトー)氏、VeepeeのMichaël Benabou(ミシェル・ベナブ)氏とDominique Romano(ドミニク・ロマーノ)氏が支援している。
2019年にapi.videoを創業したのは、ライブストリーミングとオンデマンドSaaSビデオプラットフォームのLibcastの創業者でCEOのCédric Montet(セドリック・モンテ)氏だ。api.videoは、最新のビデオ機能をウェブサイトやモバイルアプリに組み込む際に必要となる大変な作業を簡単にし、その結果として「業務ビデオコミュニケーション」と呼ばれる市場を成長させることを目指している。
同社は「具体的には、観光客が撮影しAirbnbなどのサイトにアップロードするビデオレ

リンク元

Comments

Copied title and URL