iPhoneで「eSIM」を使わないのは損!IIJmioのeSIMサービス解説

ver2fix IIJmio Data Plan Zero eSIM PR - iPhoneで「eSIM」を使わないのは損!IIJmioのeSIMサービス解説 apple製品情報

 
iPhoneではXS/XS Max、XR以降の機種で利用できるようになった「eSIM」(イーシム)。皆様は「eSIM」についてご存じでしょうか?eSIMとは本体に内蔵されたSIMで、物理SIMとは別にもう1回線を利用できる機能です。メイン回線を持ちながらもう1つ回線を契約できるのが特徴のひとつです。
 
うまく活用すると契約回線は増えるのに毎月の携帯電話料金は安くなる可能性があります。使わないのはもったいない、スマートフォン・データ通信の新たな利用方法として今後期待される「eSIM」について解説します!
「eSIM」は抜き差しの必要がない本体内蔵SIMカード
スマートフォンを利用するのに欠かせないSIMカードは、キャリアでの契約情報や、加入者を特定する情報などが記録されており、機種変更などの際は、このSIMカードを新しい端末に差し替えることで、契約し直すことなく新しいスマホを利用できます。
 
さらにSIMカードには、070、080、090で始まる電話番号をもち、電話もインターネットも利用できる「音声通話SIMカード」と、インターネット通信のみ利用できるが音声通話SIMカードより割安な「データ専用SIMカード」の2タイプがあります。
 
eSIMはスマホ自体に内蔵された本体一体型のSIMで、SIMカードを差し替える必要がなく、キャリアが提供するアプリやQRコードから登録作業をすることで、利用開始手続きができます。SIMカードの発送を待たずに、その場ですぐに利用開始できるのが最大の特徴です。
 
 
手軽に利用できるのがeSIMの魅力ですが、メリットはそれだけではありません。主回線と副回線の2つの回線が利用できるため、例えば長年利用している主回線を解約したくない場合でも、主回線は残したまま副回線のお得なプラン

リンク元

Comments

Copied title and URL