Apple Watchの睡眠トラッキング機能、5年前から構想されていた

29b26b194ef94bd39b5f47f7d01466bd e1593485843661 - Apple Watchの睡眠トラッキング機能、5年前から構想されていた apple製品情報

 
Apple役員へのインタビューから、WWDC20で新たに発表されたApple Watchの睡眠トラッキング機能は、5年に渡り構想が練られて開発が続けられていたことが分かりました。
待望の睡眠トラッキング機能
WWDC20では、今秋リリース予定のiOS14とwatchOS7で、多くのユーザーから嘱望されてきた睡眠トラッキング機能が採用されることが発表されました。市場に流通しているスマートウォッチの中でもヘルスケアをサポートするデバイスとしての側面が強いApple Watchですが、他社製品とは異なり、これまで睡眠トラッカーについては採用が見送られてきました。
 
しかし、Appleでテクノロジー部門を統括するケビン・リンチ副社長いわく、睡眠トラッキング機能は初代Apple Watchが登場した5年前から採用が模索されてきたそうです(リンチ氏は2013年にAppleに入社後、Apple Watchのソフトウェア開発に携わってきました)。
5年も要した理由は?
リンチ氏がニュースサイトCNETに語ったインタビューから察するに、5年も要した理由は大きく2つ存在します。
 
1つ目は、Apple Watchの睡眠トラッキング機能が先行する他社のサービスとは異なるためです。しばしば他社の睡眠トラッカーでは、レム睡眠(脳が起きているが身体は休息している状態)とノンレム睡眠(脳も身体も休息している状態)がグラフで視覚化され、睡眠の“質”がスコア化されますが、Appleが提供するトラッカーは日々の睡眠スコアを表示しません。画像でも目立っているのは、端的な睡眠時間です。
 
 
リンチ氏いわく、そもそも睡眠データから得られるデータは余りにも膨大で分析するのには無理があるうえ、レム睡眠の時間をユーザーが意図してコントロールすることは不可能

リンク元

Comments

Copied title and URL