画素数競争に終止符? レンズ交換型カメラの高画素数モデルが減少傾向に

download - 画素数競争に終止符? レンズ交換型カメラの高画素数モデルが減少傾向に 最新ニュース
 レンズ交換型カメラの画素数帯別販売台数構成比を集計したところ、2400万画素以上のカメラの占める割合が、この4月に69.9%を記録。昨年4月の81.2%から11.6ポイントも構成比が減少した。より高い画素数を追い求める流れは徐々に変わりつつあるようだ。デジカメの黎明期、性能のベンチマークは画素数だった。この考え方は現在でもある程度受け継がれている。画素数が増えれば画像はきめ細かくなり解像度が増す。そのため35mmフルサイズという限られた面積でも、3000万画素、4000万画素、果ては6000万画素を詰め込むセンサーが登場。搭載カメラも発売されてきた。


 一方で、1000万画素クラスのカメラが当たり前になってきたあたりから、画素数を増やすことが必ずしも画質の向上に結び付かないことも徐々に周知されるようになってきた。やみくもに画素数を増やしても、高感度特性が悪くなり、暗所の撮影で画面のざらつきが目立つようになってしまう。さらに、高画素数センサーが出力する画像のデータは、サイズが大きくなり、PCなどで取り扱いにくくなることもまた事実だ。動画撮影でも、必ずしも高画素数センサーがあらゆる撮影に適しているとは言えない。そのため、あえて1000万画素クラスのカメラをリリースする動きもある。
 レンズ交換型カメラ全体の平均画素数も、減少傾向に転じてきた。昨年4月の2395から、若干の上下はあったがこの4月は2360まで減少している。ただし、メーカー別では、かなり異なる動きを示している。トップシェアを走るキヤノンでは、平均画素数の変化は少ない。昨年9月トップシェアを奪取したソニー。このところ半導体不足の影響でカメラの生産が滞り急激にシェアを落としている。平均画素数にも大きな動きがあった。昨年前半は2500を下回っていたが、12月に2595と一気に拡大。3300万画素の&alpha

リンク元

Copied title and URL