アップルが2020年のAppleデザインアワード受賞者を発表

download - アップルが2020年のAppleデザインアワード受賞者を発表 最新ニュース
先週行われたApple(アップル)のワールドワイド・デベロッパー・カンファレンス(WWDC)のバーチャルバージョンで、1つ欠けていたのがApple Design Award(デザインアワード)の表彰式だ。米国時間6月29日にアップルは2020年の受賞者を発表し、際立ったアイデアに命を吹き込み、Appleテクノロジーに精通していることを示した各製品に光を当てた。
このデザインアワードは、デベロッパーコミュニティー全体にとって、アップルがどんな種類のアプリとゲームを見たがっているかを知るための指標になっている。例えば2019年に同社は、Apple Pencil(アップルペンシル)、CoreML、Metal 2などのAppleテクノロジーを引き立てた製品を称賛した。
アップルは2020年もiPad向けアプリ、中でもフォトエディターやその他のデザインツールなどクリエイティブツールとしてのiPadを目立たせる製品に焦点を当てた。一方、いくつかのゲームは他のテクノロジーやデザインの選択に加えて、スペーシャルオーディオの利用に注目されて選ばれた。アップルがWWDCで、AirPods Proのスペーシャルオーディオ対応を発表したのは偶然ではないだろう。
Begen Co.の写真・ビデオ編集アプリであるDarkroomは、プロでもカジュアルユーザーでも簡単に使えるという理由で、2020年の受賞アプリに選ばれた。このアプリは写真やカメラのAPI、ホーム画面のクイックアクション、コンテキストメニュー、触覚フィードバックなどのAppleテクノロジーも活用している。
画像クレジット:Bergen Co.
iorama.studioが開発したアニメーションアプリであるLooomは、遊び心と創造性のあるインターフェースと新しいカスタムコントロールに加えて、Apple PencilとダークモードなどのAp

リンク元

Comments

Copied title and URL