YouTubeが極右の著名人たちのチャンネルを停止

download - YouTubeが極右の著名人たちのチャンネルを停止 最新ニュース
YouTubeが月曜日(米国時間6/29)に、人種差別的なヘイトスピーチで知られ、問題視されている人びとに対抗措置を取り、彼らの主なチャンネルを取り去った。
削除したのは6つのチャンネルで、それらは、Richard Spencerの自身のチャンネルと、関連のNational Policy Institute/Radix Journalのチャンネル、極右的で人種差別的な似非科学の唱道者Stefan Molyneux、白人至上主義の発表媒体American Renaissanceとその関連チャンネルAmRenPodcasts、そして白人至上主義者で元Ku Klux Klan(クークラックスクラン)のリーダーDavid Dukeだ。
YouTubeのスポークスパーソンはTechCrunchに提供した声明でこう述べている: 「YouTube上のヘイトスピーチを禁ずる厳しいポリシーがあり、そのポリシーに何度もひどく違反していれば、いかなるチャンネルでも終わらせている。ガイドラインをアップデートして、至上主義的コンテンツへの対応を改善した結果、ビデオの削除は従来の5倍に急増し、25000あまりのチャンネルを弊社のヘイトスピーチポリシーへの違反で終了させた」。
同社によると、それらのチャンネルは、外部のヘイトコンテンツへのリンクや、法で保護されている集団に関して劣等性を主張することを禁じているルールに違反した。
極右や白人ナショナリストたちに対するYouTubeの最近の大掃除の前には、今月初めの、Proud Boyの創業者Gavin McInnesのアカウント停止がある。最近アカウントを停止された者の一部は、まだ生きているTwitterアカウントを使って月曜日の午後にYouTubeのチャンネルを失ったことに文句を言っている。
関連記事: Facebookがナチのシンボルを使ったトランプ大

リンク元

Comments

Copied title and URL