iOS14のUIをもとにAppleグラスの「glassOS」のコンセプトを制作

Webp.net resizeimage - iOS14のUIをもとにAppleグラスの「glassOS」のコンセプトを制作 apple製品情報

 
Appleの世界開発者会議WWDC20でiOS14が発表されたばかりですが、最新iOSのユーザーインターフェース(UI)をもとに、Appleが近く発表すると噂のAppleグラスのOS「glassOS(仮称)」のコンセプトが制作されました。
Appleグラスは早ければ今年発表?
モバイル決済・送金アプリCash Appでデザインを担当するジョーダン・シンガー氏(@jsngr)は、iOS14のUIをベースにしたglassOSのコンセプトを公開しました。Appleは軽量でパワフルなAppleグラスを開発しており、早ければ今年にも発表されるともいわれていますが、インターフェースのデザインはどのようなものになるのでしょうか。
 
通知
 
 
通知は、Apple Watchが起動されたときに表示される通知ウィンドウを参考に制作されました。メッセージアプリでメッセージを受け取ったときのイメージはこんな感じです。
 
コンパクトな着信画面
 
iOS14では、コンパクトな着信画面が導入されており、着信があった際に画面がフルスクリーンになることはありません。
 
これを参考に、着信時とナビゲーション使用時のイメージが制作されています。
 
 
ウィジェット
 
 
iOS14では新たにホーム画面のウィジェットが導入されましたが、同機能のウィンドウを参考にしたglassOSで天気や地図を使用しているときのイメージはこんな感じです。
 
ピクチャ・イン・ピクチャ
 
iOS14では、動画を小さな別ウィンドウで再生しながら他の作業を行えるピクチャ・イン・ピクチャ機能が導入されましたが、glassOSでFaceTimeを使用しているときのイメージはこ

リンク元

Comments

Copied title and URL