TikTokの親会社ByteDanceは中国の輸出管理規制に「厳密に従う」と表明

download - TikTokの親会社ByteDanceは中国の輸出管理規制に「厳密に従う」と表明 最新ニュース
中国政府は、Huawei(ファーウェイ)に対する米国政府のプレッシャーに繰り返し声高に反対している一方で、TikTok(ティクトック)がこのところ米国で困難な状況に陥っていることについては比較的静観している。しかし人気のビデオアプリTikTokの米国事業売却が近づき、中国当局は売却をより複雑なものにする予想外の動きに出た。
米国時間8月28日夜、中国商務部は安全保障貿易管理に人工知能(AI)テクノロジーを含めるためにカテゴリーをアップデートした(中国商務部リリース)。AIはTikTokを含むByteDance(バイトダンス)のプロダクトの要だ。TikTokはカスタマイズされたコンテンツが機械的に表示されることで人気を高めてきた。8月29日、中国国営通信社の新華社通信は、アップデートされたルールはByteDanceに適用されうるという学者Cui Fan(クウィー・ファン)氏の言葉を引用した(新華社通信記事)。クウィー氏は進行中の取引を抱えている企業に対し、「関連する手順を伴う交渉と取引を中止する」ことをアドバイスした。
8月29日夜、TikTokの親会社ByteDanceは新たなテクノロジー輸出ルールに「厳密に従い」、「関連する輸出事業」を管理するという声明を出した。
新たなルールはTikTokのディールを明確にターゲットにしているわけではないが、このタイミングは興味深い。ByteDanceが中国外で最大のマーケットから追い出される期限のわずか数週間前だ。中国の大学で国際ビジネス・経済学の教授であるクウィー氏によると、パーソナライズされたレコメンデーションやAIで動くインターフェーステクノロジーの輸出が新ルールで規制されているため、ByteDanceが進めているTikTok売却は障壁にぶつかる可能性がある。
TikTokの売却は、中国の通商規制の前から技術的な面ですでに複雑な

リンク元

Comments

Copied title and URL