iD決済・コード決済の2通り使えるメルペイをおさらい、本人確認で1000Pプレゼント

202006301745 1 - iD決済・コード決済の2通り使えるメルペイをおさらい、本人確認で1000Pプレゼント 最新ニュース

メルカリグループのメルペイのスマホ決済サービス「メルペイ」

フリマ売上金でチャージできるスマホ決済の先駆け
 メルペイというアプリはなく、メルカリアプリ内の一機能。LINE Payやau PAYのように、待受画面にショートカットを作成することができないが、アプリのアイコンを長押しすれば、簡単にコード決済の画面を表示できる。どちらかというとiD決済の方が便利だが、メルペイコード決済しか対応していない店舗もある。


レジではメルペイ(iD決済)の場合は「iDで支払う」、
メルペイ(コード決済)の場合は「メルペイで支払う」と伝える

 現在、メルカリがdポイント加盟店になったことを記念して、アカウント連携するだけでdポイントの還元率がアップする「dポイント+20%還元キャンペーン」を実施中。条件は、dアカウントとメルカリアカウントの連携を行った上、6月15日~7月31日のキャンペーン期間中にメルカリで購入し、8月14日23時59分まで取引完了していること。さらに、100円の手数料が必要となるものの、ドコモのスマホ決済サービス「d払い」で支払うと、「d払い毎週おトクな d曜日」などとの同時適用で、6月に限ると、最大35.5%還元となっていた。
 dポイント加盟店としての基本のポイント還元率は0.5%で、前月にメルカリで商品が売れた実績がある場合(取引完了している場合)は1.5%にアップする。「買い」専門だと還元率は低くなり、メルカリに出品して「売れる」必要がある。ドコモとメルカリの今回の連携は、取引件数の増加、特に出品数の増加を狙ったものだと分かる。


メルカリでは、dポイントキャンペーンが実施中

 メルカリでは、d払いやdカードで支払った方が還元率が高く、実質的な負担が減ると知った層は、メルカリでは他の決済方法で支払い、メルペイ残高が温存するだろ

リンク元

Comments

Copied title and URL