Lyftがカリフォルニア州で自動運転車の路上テストを再開

download - Lyftがカリフォルニア州で自動運転車の路上テストを再開 最新ニュース
Lyft(リフト)の自動運転車両部門は、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックで数カ月間中止していたカリフォルニア州での公道試験を再開させた。
Lyftのレベル5プログラムチームは6月30日、自動走行車両の一部がパロアルトの公道と同社のテストトラックに戻ると明らかにした。パロアルトの同社従業員に乗車を提供するパイロットプログラムはまだ再開させていない。
テスト再開にあたっては、個人用防護具の活用や表面のクリーニングなどCDC(米疾病予防管理センター)のガイドラインに沿っているとLyftは話した。同社はまた、新型コロナ感染拡大を予防するための追加の安全策も取っている。各自動走行車両には、乗り込むオペレーター2人の間にパーテーションを設置している。オペレーターはフェイスシールドを着用しなければならず、体温も報告する。そしてオペレーターは2週間同じペアを組む。
Lyftのレベル5プログラムは2017年7月に立ち上がったが、カリフォルニアの公道でのテストは2018年11月まで始まらなかった。レベル5はSAEの自動運転レベルで、あらゆる状況で自動運転できることを意味する。Lyftはその後、テストプログラムと車両を展開した。2019年後半までの四半期の自動走行マイル数は、その6カ月前の四半期の4倍超になった。
カリフォルニア州で自動運転車両を管轄する同州車両管理局によると、Lyftは2019年に同州の公道で自動運転車両19台をテストした。2018年12月から2019年11月までの期間に稼働した19台は、自動運転モードで計4万3000マイル(約6万9000km)走行した、と同社が2月に発表した年間レポートにある。同様のテストを展開しているArgo AI(アルゴAI)、Cruise(クルーズ)、Waymo(ウェイモ)に比べるとその数字はかなり小さいが、Lyftのプログラムにおい

リンク元

Comments

Copied title and URL