「Appleメガネ」のイメージ動画、空中をスワイプでアプリ切り替えなど

AppleGlass theHacker34 2 - 「Appleメガネ」のイメージ動画、空中をスワイプでアプリ切り替えなど apple製品情報

 
Appleが開発中と噂されるメガネ型デバイス「Apple Glass」について、これまでに出たリーク情報などを踏まえたイメージ動画が公開されました。
Appleが開発中と噂のメガネ型ARデバイス
Appleは近年、拡張現実(AR)に力を入れており、iPhoneと接続して使うメガネ型デバイスを開発しているのではないか、と噂されています。
 
フランス在住のエンジニアリング学生のケビン氏が、YouTubeチャンネルthe Hacker 34で、「Appleメガネ」をイメージした動画を公開しました。
「エアスワイプ」などで操作
ケビン氏は、「Appleメガネ」のハードウェアを以下のようにイメージしています。
 
進化したLiDARスキャナ
デュアルコア「G1」チップ
透過性のデュアルRetinaスクリーン
光センサー
マイク
近接センサー
 
 
iPhoneがAppleメガネを認識すると、AirPodsシリーズのように簡単にペアリングできます。
 
 
メッセージが届くと、現実世界の視界に重ねて表示されます。
 
 
メガネのフレーム右側をスワイプ、または目の前で手を振る(エアスワイプ)動作で、アプリの切り替えができます。
 
 
iPhoneが見つからない時は、Siriに頼むと誘導してくれます。
 
 
現実の道路に案内表示を重ねたナビゲーションもできます。
 
 
iOSやmacOSと同様、日中は明るい画面が、日没後は自動でダークモードに切り替わります。
 
 
 
「One more thing」として、丸いレンズのスティーブ・ジョブズバージョンも一瞬紹介されています。

リンク元

Comments

Copied title and URL