資金調達した黒人起業家と支援した投資家のリストが入ったスプレッドシートが公開

download - 資金調達した黒人起業家と支援した投資家のリストが入ったスプレッドシートが公開 最新ニュース
何人の黒人起業家がベンチャー資金の調達に成功したのか、どのベンチャーキャピタルがスタートアップに投資したのかを知ることは、歴史的にも容易な作業ではない。ベンチャーキャピタルのデータが、ステージ別やスタートアップのタイプ別に分類されることはよくある。しかし、特定のベンチャーキャピタル会社が何人の黒人起業家に投資したかを知ろうとするのは、これまで非常に困難だった。
今年、Yonas Beshawred(ヨナス・ベシャワード)氏、Sefanit Tades(セファニット・タデス)氏、およびJames Norman(ジェームズ・ノーマン)氏の3人がTransparent Collectiveと協力して、米国ベンチャーキャピタルの支援を受けた黒人創業者の最も包括的なリスト(Medium記事)を作った。データはこちらで見ることができる。
これは、有用性においても、勇敢さにおいても、類まれな記録だ。米国時間7月1日現在、リストには283人の名前が載っているが時間とともに増えているようだ。
最近、同じグループがさらにデータを追加(Medium記事)した。このほどこの公開データベースに、どのベンチャーキャピタル会社が黒人起業家のスタートアップに投資したかの詳細が加わった(起業家のリストは黒人歴史月間に公開され、VCのリストはジュンティーンス(奴隷解放記念日)頃につくられた。テック業界の最近のジュンティーンスに関する行動について以下の記事を参照してほしい。
関連記事:奴隷解放の6月19日を記念する動きが米テック企業の間で続出
黒人起業家に投資したVC会社のほうが、VCから資金調達した黒人起業家よりも多い。これは、ひとつのラウンドに1社以上のVC会社が参加するのが普通であることを踏まえると当然だ。しかし、出てくるVC会社の数は心強いものの、このデータには微妙な部分がある。
TechCrunchが

リンク元

Comments

Copied title and URL