ケーズデンキが依然好調、気づけば「1Q」は前年比121.6%の着地予想も

202007021848 1 - ケーズデンキが依然好調、気づけば「1Q」は前年比121.6%の着地予想も 最新ニュース

6月の売上高速報値が前年比140.5%だったケーズデンキ

 6月の商品別売上高の内訳をみると、テレビ(150.1%)、PC・情報機器(134.1%)、冷蔵庫(154.2%)、洗濯機(146.3%)、クリーナー(159.2%)、調理家電(143.5%)、理美容・健康器具(124.2%)、エアコン(149.7%)と、対象商品の全てで前年を大きく上回るペースだ。


ケーズホールディングスの月次速報より一部抜粋

 「がんばらない経営」を企業コンセプトに掲げるケーズデンキは、長期にわたって持続的な成長を実現していくために無理な数字を追わないのが信条。例えば売上高なら前年比100数%をコツコツと刻んでいくのがケーズ流だ。しかし、速報ベースとはいえ、気が付けば2021年3月期の第1四半期(20年4~6月)は121.6%という好調な数字で着地する可能性も見えてきた。
 BCNでは、業界の中でも突出したケーズデンキの動きについて6月17日付の記事で報じた。
 <関連記事>
 新型コロナ禍でも「ケーズデンキが絶好調」のなぜ(https://www.bcnretail.com/market/detail/20200617_178120.html)
 その中で、外出自粛によるテレワークの浸透で、郊外における昼間人口が増えて、それが新規需要として売り上げの純増につながってることを指摘した。6月に入り、さらにその勢いは増しているようだ。
 ケーズHD本部でも、「今年3月には全く予想していなかった想定外の数字というのが正直なところ」と戸惑いを隠さない。
 しかし、「エビデンスがあるわけではないが、特別定額給付金によって需要の前倒しが起きているのかもしれない」と推測する。都心では一向に振り込まれる気配のない特別定額給付金にブーイングの嵐だが、郊外では住民に行きわたっている自

リンク元

Comments

Copied title and URL