Qualcomm、5G対応のミッドレンジSoC「Snapdragon 690」を発表

sd 690 5g in female hand - Qualcomm、5G対応のミッドレンジSoC「Snapdragon 690」を発表 apple製品情報

 
米チップメーカーQualcommは、ミッドレンジスマートフォンの5G対応を促進する「Snapdragon 690」システム・オン・チップ(SoC)を発表しました。
ローエンド寄りミッドレンジ分野で最もパワフルなチップ
QualcommのSoCは、XiaomiやRealmeなどの中国拠点のスマホベンダーから支持を集めてきました。これまで同社が打ち出してきたミッドレンジSoCには、2018年10月発表のSnapdragon 675、2019年4月発表のSnapdragon 730/730G、2020年1月発表のSnapdragon 720Gが挙げられますが、いずれも5Gには非対応でした。
 
Qualcommは、2019年12月発表のSnapdragon 765/765Gで、同社の「7シリーズ」に5Gを導入しましたが、Snapdragon 765はハイエンド寄りのミッドレンジスマホ向けで、ローエンド寄りのミッドレンジ機向けの5G対応SoCはこれまで発表されていませんでした。
 
5G対応のSnapdragon 690(SM6350)は、Snapdragon 675の後継モデルで、理論上性能はSnapdragon 720G、Snapdragon 730Gに劣りますが、より新しいCPU、GPUを搭載しているため、ローエンド寄りミッドレンジの分野では最もパワフルなチップとなっています。
Qualcomm Snapdragon 690の特徴
CPUとメモリ
Snapdragon 690は、最大クロック数2.0Ghzの2つの大きなKryo 560コアと、6つの小さなARM Cortex-A55コアから構成されるオクタコア(2+6)のCPU搭載となっています。
 
Kryo 560コアはARM Cortex-A77コアが基になっていますが、A7

リンク元

Comments

Copied title and URL