Armが自動運転・自律制御システム向けの新チップを発表、安全性を高めるダブルチェック機能を搭載

download - Armが自動運転・自律制御システム向けの新チップを発表、安全性を高めるダブルチェック機能を搭載 最新ニュース
チップ設計メーカーのArmは米国時間9月29日、車載および産業向けの自律システム向けソリューションの新しいチップ群を発表した。このチップには、CPUにArm Cortex-A78AE、GPUにMali-G78AE、画像信号プロセッサにArm Mali-C71AEを採用する。
これら3つのチップを際立たせているのは安全機能を内蔵している点だ。ここでいう「安全性」とは、すべての計算が本質的にダブルチェックされていることを保証する追加機能を備えていることを意味する。
従来、ArmはCPUに2つのモードを提供してきた。「スプリットモード」では、すべてのコアが独立して動作し、オフラインになったときに素早く安全性をチェックする。これは、コアが最大性能に近い状態で動作するため、安全性の要求が低い、あるいはまったく必要ないアプリケーションに適している。
画像クレジット:Arm一方の「ロックモード」は、コアはペアで動作し、その動作は相互に照合される。これにより、これらのチップは自動車の安全性に関するさまざまな要件を満たせるが、コア数が半分しか使用できないため、パフォーマンスは明らかに低下してしまう。
そこで同社は本日、新たにハイブリッドモードを発表した。これは両方の長所を組み合わせたモードで、中程度の障害検出しか必要としないが高パフォーマンスが要求される用途に向いている。コアは引き続きスプリットモードで動作するが、コアを統合する共有クラスタロジックはロックモードで動作する。これにより、ロックモードの安全メカニズムが、別のレイヤーでスプリットモードのパフォーマンスとともに提供される。
新しいMali GPUのAEバージョンは、同社が「フレキシブル・パーティショニング」と呼ぶ仕組みを導入しており、必要に応じてさまざまなGPUコアをワークロード間で簡単に分割できるようになる。つまり、マップのような

リンク元

Comments

Copied title and URL