Apple Watchの累積出荷台数1億台到達目前か、AirPodsと競合も?

Apple AppleWatchSeries5 - Apple Watchの累積出荷台数1億台到達目前か、AirPodsと競合も? apple製品情報

 
2020年第1四半期(1月〜3月)における世界スマートウォッチの出荷台数予測を、調査会社Canalysが発表しました。Apple Watchは出荷台数を減らしたもののシェアトップを維持しており、累積出荷台数1億台到達が近いとみられます。北米や欧州では、AirPodsがApple Watchと競合している可能性も指摘されています。
Apple Watch、出荷台数減もシェアトップを維持
Canalysによると、2020年1月〜3月期におけるスマートウォッチ出荷台数は1,430万台でした。これは、前年同期比で12%のプラス成長です。
 
世界的に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた中でも、スマートウォッチ市場は拡大を続けています。
 
メーカー別では、Apple Watchが出荷台数520万台で、前年同期の600万台から13%の減少となりました。出荷台数シェアは36.3%で、前年同期の46.7%から低下しているものの、以前としてシェアトップの座を維持しています。
 
 
AirPodsがApple Watchの需要を食っている?
中国では、春節とeSIMの対応地域拡大が重なったため、LTEモデルのスマートウォッチが250万台を出荷する人気となり、AppleとXiaomiがその恩恵を受けたとみられます。
 
以下のグラフでも、LTEモデルのスマートウォッチ出荷台数が中国で急速に伸びていることが確認できます。
 
 
一方、スマートウォッチの出荷台数で、北米の占める割合が3分の1を切ったのは統計開始以来初めてのことです。
 
Canalysのアナリスト、ビンセント・シールケ氏は「Apple Watchは、ヨーロッパと北米で低調だったが、他地域がカバーしている」と

リンク元

Comments

Copied title and URL