間もなく発表見込み 新iPhoneの“最安”の買い方を考えてみた

202010121710 1 - 間もなく発表見込み 新iPhoneの“最安”の買い方を考えてみた 最新ニュース

イベントは10月14日午前2時から

新iPhoneを安く手に入れるには?
 前提として、旧機種は予備として手元に置くため「下取り」は利用せず、一括払いで支払うこととする。1台を2年に一度必ず買い替えるなら、NTTドコモ、au、ソフトバンクが提供する、機種変更時の端末返却を条件とした購入プログラム(スマホおかえしプログラム/かえトクプログラム/トクするサポート+)を利用したほうが安く、購入方法を検討する必要は生じないからだ。
1. 10月17日に主要家電量販店でPayPayで購入
 もし発表と発売が同時なら、PayPayが実施する「超PayPay祭」の初日、10月17日限定のキャンペーン「超PayPay祭!オープニングジャンボ」が利用できる。PayPayは通常は0.5~1.5%還元だが、10月17日に限り、抽選で1回/期間中10万円を上限に、決済金額の全額(100%)・10%・2%のPayPayボーナスが当たる可能性があり、運良く1等に当選すれば何と実質10万円オフ。少なくとも、販売中のiPhone SE(第2世代)のSIMフリー版は10月17日が買い時だ。


10月17日は超PayPay祭!オープニングジャンボ 抽選で100%・10%・2%戻る

2. LINEポイントクラブの特典クーポン(一律5%オフ)を利用して購入
 LINEは今年新設したLINEポイントクラブ特典として、対象店舗ごとに割引内容が変わる「特典クーポン」を配布している。そのなかには、家電量販店のビックカメラ、ヤマダ電機グループ、エディオングループ、Joshin(上新電機)、ケーズデンキ、コジマ、ソフマップの5%オフクーポンがあり、LINE Payでの支払いに限り、その場で5%割引となる。
 さらに、Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録する

リンク元

Copied title and URL